スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウム・アガリブってどんなところ?
- 2009/03/24(Tue) -


アフメッド少年の住むウム・アガリブというところは、地平線をさえぎるもののない広大な大地にある集落です。ハルツームから白ナイル沿いに南下すること3時間、コスティから西に1時間ほど人家のない風景が続いた後に現れます。

人口は700人程。ほとんどの人が畜産と畑作を生業としています。ここの人たちにとって富の象徴は「家畜」です。家畜を結納金として払わなければ、結婚は認められません。映画の冒頭で語られる昔話もそんな価値観を表しています。

夕陽が沈む方向に、一段高い丘があります。
子どもたちはそこで、毎日サッカーをして遊びます。

umagaribfootball.jpg


(omiya)
この記事のURL | アブバとヤーバ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<登場人物-石井一三さん | メイン | 山形国際ドキュメンタリー映画祭にエントリーしました>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://abubayaaba.blog42.fc2.com/tb.php/5-a6e8852c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。